ありえない!ディフューズボックスを予約なしで買うならこのサイトです スタジオボックスを比較に比較し「厳選」した1つの商品です

指輪を撮影するために購入。本日!到着し早速組み立てて使ってみました。この場合!後ろの面が少々浮き気味になるので!簡単な抑えを付けました(上の赤丸部分)。

コスパ最強と噂の!

2017年01月31日 ランキング上位商品↑

ボックス スタジオ ディフューズボックス【送料無料】【1年保証】撮影ボックス 卓上スタジオ 撮影ブース 撮影キット LED内蔵 ディフューズボックス 撮影セット 小物撮影■481 【05P01Oct16】

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

付いている白色の天板はとってから撮影するほうが綺麗にとれるでしょうね。組み立てるのに少し苦労しましたが!早速お試し撮影してみたところ!今までの苦労はなんだったんだろうというくらい!すごくきれいな写真が撮れました。この製品を選択するかの最大のポイントは撮影物のサイズだと思います。レフ板は私のカメラレンズの58mmにピッタリのサイズだったので使えそうです。説明書には「(ガラス面などの反射防止のためのものなので)通常は使う必要はありません」とのことですが、撮影物の影を薄くするために必須だと思います。説明書はちょっと説明不足で分かりにくい所が有りましたが!きちんと組み立てる事が出来ました。私が撮影するのは小さなものなので!奥行きや高さなどちゃんと測ってイメージしなくてはいけなかったとおもいます。価格は高い方ですが!使用頻度が多いのならば一年保障も付いてくるこの製品は良い選択だと思います。一方、アンダーカバーはあまり使う必要を感じませんでした。ただしLEDライトの明かりが強すぎるので、商品に明るい部分と影の部分が映り込みます。左右の壁が写り込まずに撮れるサイズはそれほど大きくはないです。天気のいい日に窓辺でしかできなかった撮影も、これからは場所や時間帯を選ばずにできるし、納得がいくまで同じような写真を何枚も何枚も苦労して撮るストレスからも解放され、嬉しい限りです。時間や天候など気にしなくて済むので。始めは5千円くらいのものを購入する予定でいたので予算はオーバーしましたが!苦労して撮っていた写真をきれいに撮ることが目的だったので!こちらの撮影キットにしてよかったです。私の用途で言えば、メガネなら大きめのものでも十分に撮影できます。撮影には支障はない所ですが!テープが貼られていたのか!ベタベタしていた所があり!ちょっと気になりました。なお、写真を投稿しましたが、メインカバーの取り付けについて、端に合わせようとすると奥が前に出てきて外れやすくなったので少し引っ込めた状態にしました(下の赤丸部分)。メガネとケースならば、重ね合わせて置くことによって撮影できます。もちろん!左右の映り込みを後から修正するなどすれば内寸ギリギリの物でも撮れますが!大きめの物を撮るならば!この上のサイズを選択した方が良いと思います。今まで、撮影するたびに背景や電気の位置が気になっていましたが、これで背景や光の位置を気にせず気軽に撮影できます!光量を調節できるのも良いです!組み立ての手順に悩むことはなかったのですが、サイドの嵌め込みはコツを掴むまでは大変でした。。goodです。すぐに届きました!発送早くて助かりました(*^^*)組み立ても簡単でした。カメラの角度やレンズ!対象物の形状!画角によって撮れる大きさは結構変わってくるので!あくまでも私が測ったおおまかな寸法になりますが!横長の画像で18cm×14cm程度でしょうか。そのあたりは工夫して撮影する必要があります。ディフューザーの使用を前提とすると、光量がもう少し欲しいところですが、最大にすれば特に問題はありません。商品撮影が憂鬱だったのですが!それが解消されました。今回!撮影ボックスを購入するにあたって様々な製品を比較検討しましたが!実際に使用してみて!照明が一体となっていて内部がカッチリしているこちらの製品が!やはりベストだと思いました。撮影はこれからですが!天気に関係なく安定してできるのでたのしみです。実際に撮影すると、付属のディフューザーが役に立ちました。小物の撮影に最適です。早速使ってみます。光源に調光機能があり被写体によって調整が出来るのが便利です。ほかの方のレビューにも大きいとありましたが、組み立ててみるとやっぱりおおきかったです。オークションなどをする人はぜひおすすめしたいですね。只!組立時にメインカバーの爪をサイドパネルにある穴に差し込むのに苦労しました。そこは埃が付きそうです……インターネット販売の小物を撮るために購入しました。今まで作品を撮影するのにとても苦労していましたが!時間や天気に左右されず綺麗に撮影出来てとても助かります。ちなみに!差し込んだ部分を折り曲げたくなりますが!そのままでも固定されているので解体するときのことを考えると!折らない方が良いでしょう。組み立ては説明書をよく読めばさほど難しくはありませんが!工具などを使わずに穴に差し込んでいく方法なので!慣れていない方は少々手こずるかもしれません。それでも楽に撮影することが可能です。実用上、問題はありませんがカバーのサイズの見直しが必要かもしれません。またアンダーカバーがレフ板としても使えて大変便利でした。